型枠解体工とは

家を壊す仕事ですよね?

よく言われます。

型枠解体とは家を建てる仕事です。

主にマンション等のコンクリート造の新築、増改築工事において発生する
型枠工事はコンクリート造の建物を造る上で最も重要な工事の一つであり
型枠解体作業は型枠工事の工程の一部です。

基本作業は型枠に生コンクリートを流し込んだ翌日に、固まったコンクリート
(躯体)から枠を綺麗に剥がす解体(脱枠)作業です。
解体後の資材の整理や片付けも作業に含まれます。

型枠資材は重たい物も多く作業手順を誤ると不意に落下してきたり、型枠同士を繋ぎ合わせる釘に引っ掛かったり踏んでしまったり、数多い建設業種の中でも特に危険が多い作業で、現場内においても型枠解体エリアは関係者以外立ち入り禁止と決められています。

夏季はコンクリートによる発熱で高温多湿になる室内での作業が多く、とても汗をかくので30分ごとに水分・塩分を補給したり、空調服という小型扇風機付きの特殊な作業服を着て熱中症にならないよう万全の対策をして作業します。

危険で過酷な環境における作業の為、身体を休めることも重要で決まった時間はしっかり休憩をとります。
とはいえ作業の遅れが現場全体の工程の遅れに直結する為、危険で過酷な環境の中でもスムーズに作業を進められるようにチーム内で作業計画を話し合いうまく連携することが必要です。

比較的単純作業がメインなので未経験から始められますが、職長と呼ばれるリーダークラスとなると建物の仕上げに関わる精巧な技術や多種多様な現場環境を見極めた的確な作業計画能力が求められ、しっかりとした技術が身に付けば非常に重宝される仕事です。
また必要な資材や工具類が少なくて済むため、型枠支保工や玉掛け等の資格さえ取得すれば独立しやすい職種でもあります。